ボトルドオーキッド軽井沢

ボトルドオーキッド軽井沢とは

ABOUT

従来、手間のかかるランをもっとカジュアルに楽しめるように
改良したインテリアとしてのランです。

ガラス瓶の中で育つ、
気軽に飾れる“生きたインテリア”

「Bottled Orchid Karuizawa」はガラス瓶の中に苔と蘭をアレンジしたインテリア。お部屋に飾るだけでゆっくりと生育を続けます。
お花が終わった後もそのまま育ち続け、来年も同じ時期に再びお花がご覧いただけます。
また蘭と一緒に周りにあしらった苔が芝生のように育つ様子も楽しめます。


水やりなどの手間は不要、
何もしなくても育ちます。

「Bottled Orchid Karuizawa」は水やり、肥料やり、温度管理など手間のかかる日常管理は必要ありません。明るい室内に飾るだけでお花を楽しむことができます。

種類によって咲く時期が違い、
その時期の花を楽しめます。

自然下にあるランの原種は4万種とも言われ、この膨大な原種の中から、ガラス瓶に封じ込めた状態で良く育つものを厳選して植えています。

現在咲いていないものでも、その種の花期が来れば花が咲きます。花がない状態から、花が咲いた状態を楽しむこともできます。ゆっくりと育つ蘭を日々眺め、ある時ガラスの瓶の中でつぼみを発見するというのも良いのではないでしょうか?

数ヶ月後のボトルドオーキッド

蘭の生育は緩やかで見た目には大きな変化は見いだせないかもしれません。しかしながらよく観察していただきますと、ゆっくりゆっくりと新芽を伸ばし生育していることに気づくことでしょう。

また、グリーンの苔は2ヶ月後には芝生か草原のような様子になります。Bottled Orchidは、生育に応じて変化してゆくさまをお楽しみいただける活きたインテリアです。限られた環境の中で再現される自然の営みをお楽しみください。

ラインナップ

LINE UP

豊富な種類の蘭からボトルドオーキッドにふさわしい種を選び、製作しています。

homeshop01

小さなクリスマスツリー

メディオカルカー デコラタム

開花時期
育てやすさ
★★★

この蘭はニューギニアの雲霧林に自生しています。一見すると蘭に見えない面白い形状をしていますが、非常に旺盛に育ち、すぐに株が増えていきます。開花期は1月から2月の冬です。

homeshop02

かわいらしい白い妖精

デンドロビウム サブリフェラム

開花時期
秋〜春
育てやすさ
★★☆

ニューギニアの雲霧林に稀産する小型種です。可憐な丸い白花で花命が長いことが特徴です。

大切な方へのギフトに
オーダーメイドで作ります

ORDER MADE

蘭やガラス瓶、テイストなど、ご希望のボトルドオーキッドを作ることができます。

ご予算やイメージに応じて製作させていただきます。
お届けまでの目安は2ヶ月程度いただいております。詳しくはお問合せください。

お手入れ方法

HOW TO CARE

基本的には何もしなくても育ちますが、下記の点に注意いただくとより安心に育てることができます。

置き場所
陽のさす明るい室内に
飾ってください。
温度
5℃以下の低温には
ご注意ください。
水やり
蓋を開けない限り、不要です。フタを開ける場合は目安として1か月1回ほどペットボトルのキャップ一杯ほどの水をやれば十分です。

Bottled Orchid karuizawaは半密封状態ですから、水やりをしなくても内部が乾くことはありません。ただし、蓋を開けてはいけないわけではありません。晴れたお休みの日に、一日内部の観察もかねて蓋を開けてみると楽しいですね。そんな日には、蓋を閉めるときに一日に失われた水分を補う意味でペットボトルのキャップ一杯ほどのわずかな水分補給をしてあげると良いでしょう。

商品が届いたら

HOW TO USE
  • 1ガラス瓶を保護しているラップを取り去ってください。
  • 2明るい室内のお好みの場所に飾ってください。
  • 3到着後のお手入れは特にありません。
商品が届いたら

ご注意

Bottled Orchidの容器はガラス製です。破損の恐れが御座いますので強い衝撃にはお気を付けください。Bottled Orchidは構造上、横向きの設置には弱いものです。飾る場合、輸送の場合は必ず瓶の蓋が上になるよう定位置で飾ってください。もし輸送中の破損がある場合は、ご一報ください。無償で交換をいたします。

お困りの場合の対処法

TROUBLE SHOOTING
カビが生えた
晴れた日に蓋を開け、内部の通風を行ってください。通常2日ほど蓋を開放しておくとカビはなくなります。白いカビがなくなった後は、ペットボトルのキャップ1杯ほどの水をやり、再び閉めましょう。
苔が枯れた
環境の変化などにより内部の苔が枯れることもあります。この場合も2日ほど蓋を開放し内部を少し乾かすようにしてください。苔は条件が整えばすぐに復活してきます。
雑草が生えた
蘭以外の雑草が生えることが稀にあります。この場合はピンセット等でそっと抜くようにしてください。
虫が出た
滅多にないですが、水苔や蘭の根元に紛れ込んだ卵が孵り小さな羽虫が現れる場合があります。屋外でしばらく蓋をあけておけばすぐに虫はいなくなります。
Bottoled Orchid DOCTOR

無料でトラブルに対応します

枯れてきた!倒れた時に中身が崩れた!など対処にお困りの場合はご相談ください。少しでも長くお楽しみいただくため、喜んでサポートさせていただきます。
送料着払いでお送り下されば、適宜手直しをして良い状態にして再びお届けいたします。(お届けの際の送料も頂きません。)
下記のフォームよりご相談ください。